カテゴリー別アーカイブ: その他

2017年11月12日 日曜日

🍆JA東京ぶらツツミ🌽Belated,🍅

 

平成29年度 

「JA改革トップマネジメントセミナー」

@JA中央会にて

 基調講演をしました🎤

IMG_7412

「強欲資本主義 VS 協同組合」

IMG_6989控え室で会長と😃

IMG_7413

JA東京中央会役員400名が熱心に聴講してくれました🌻

fullsizeoutput_206

fullsizeoutput_208

最後に会長からサプライズで素敵な花束が💐!

 

IMG_6987

Special Thanks to 長野 さま❤️

本当にありがとうございました!😆

 

 

2017年11月12日 日曜日

🎉「核大国ニッポン」(小学館)再び重版決定!!🎊

 

 

おかげさまで

「核大国ニッポン」(小学館新書)

またまた重版決定です!🎉🎉🎉

 

http://bp.shogakukan.co.jp/mado/1709/talk1.html→小学館サイト「自著を語るコーナー」!🎤

https://www.amazon.co.jp/核大国ニッポン-小学館新書-堤-未果/dp/4098253127→試し読み👀!

レビュー📚↓↓

「ジョージ・オーウェルの小説『一九八四年』に「メモリー・ホール」という言葉が出てくる。
為政者にとって、都合の悪い事実をその中に放り込むことで「なかったことにする」穴だ。

過去を支配するものは未来を支配し、現在を支配するものは過去を支配する――

福島原発事故は「核兵器」と「原発」が危険な「双子」であることを
世界中に知らしめた。そんな現在、日本は「非核国」といえるのか。
著者はこれをばっさりと「幻想」だと切り捨てる。
日本には大量のプルトニウムがあるのだ。

様々な人へのインタビューが、この本の幅を広げている。

そもそも核兵器がここまで世界中に拡散していたら、「外交カード」にしかならない。
もっとも……絶対に核のボタンを押さない為政者だけとも限らない。
歴史は、人間がつくるのである。

日本がいま、取るべき態度についても言及している。
静かな怒りを感じる好著である」(アマゾンレビューより)

東日本大震災の原発事故の1年前に書き下ろしたこの著書は、

その後

 

文庫版を経て

 

2017年に新書版として新たに加筆・修正したものです😃

 

読者の皆様、

小学館担当者始め関係者の方々、

本当にありがとうございます!🌸核大国ニッポン

 

 

2017年9月30日 土曜日

細胞もビックリ!「ぶらツツミ」♪

本日の講演は…
第31回関東臨床細胞学会学術集会💉
2017-09-30 13.27.12
各科のお医者さま、

細胞検査士の方々が500人参加下さいました🙌
٩( ‘ω’ )و

2017-09-30 13.27.50
2階席までいっぱいの先生がた!
ご多忙な中

誠にありがとうございます♪

会長の清水禎彦先生と記念写真

関東細胞学会2

お申し込みいただいてから、足かけ約1年…
ようやくお目にかかれました!

サイン会も!
2017-09-30 13.55.45
2017-09-30 13.45.23

本日のツツミ本担当は藤書院さま
IMG_6789
本の並びが so beautuful (⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧

お世話になったスタッフの美女たち
20170930関東細胞学会

みなさま本当にありがとうございました♡

(Special Thanks to 宮本さん!😀)

2017年9月20日 水曜日

小学館カルチャーライブ♩

https://sho-cul.com/courses/list

核大国ニッポン

神保町の

小学館カルチャーライブの会場で

「核大国ニッポン」

トークライブを開催しました!

当日は

雨の金曜日にも関わらず☂

全国各地から

受講者のみなさまが来て下さり、

とても嬉しかったです!🙌

Q&Aコーナーでは

かなり濃い質問がたくさん・・・😱

みなさま本当にありがとうございました!😀

兵庫県から来て下さった

原発のプラント技術者の方

「とても面白かった。

本当によく取材していますね、

今日ここまで来てほんとうに良かったあ!」

と嬉しそうに言って下さり

こっちの方が

メチャクチャ

勇気をいただきました!😭😇😭

「書いてて良かった〜☺️」と

背中をおされるのはこんな時デス✨

受講者のみなさま

準備して下さった小学館のみなさま

本当にありがとうございました!☺️☺️☺️

カルチャーライブ1

Special Thanks to

カルチャーライブ担当の吉田さんと担当編集者の皆川裕子さん💓