月別アーカイブ: 2017年11月

2017年11月21日 火曜日

「一人殺すと、一生戦争を生き続けることになる」

 

ナショナルジオグラフィックの渾身の新ドラマ

「The Long Road Home」(ロングロードホーム)

公開記念インタビューに出演しました🎥

newsweek_20171120_112311

このドラマの軸となる「ブラックサンデー」とは・・・

2004年4月4日。

バグダッドのサドル・シティをパトロール中の米陸軍が、

反連合軍暫定当局の民兵組織「マフディ軍」の襲撃を受け、

大規模化したこの戦闘で米兵8人が死亡、51人が負傷した

「イラク武装勢力 VS 米軍」の武力衝突事件。

この事件をきっかけにイラク各地で「武装勢力 VS 米軍」の戦争が激化し、

イラク戦争が泥沼化してゆく。

当事者の声を取材したマーサ・ラダッツのノンフィクションをもとに

今回フォックスがドラマ化。

 

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/longroadhome03_1.php

94565-thumb-720xauto

インタビュー記事はNewsweek Japanに掲載中✏️

イラク戦争のリアルや

兵士たちの声をを描いた映画は

少なからずありましたが、

やはり本土ではなかなか

広がらずにいました。😢

今このタイミングで

日本で🇯🇵

4大ネットワークののFOXが📺

これを放映することに

大きな意味があると思う🎥

皆さん、

チャンスがあったらぜひ観てくださいね😃

P.S.

「一人殺すと、一生戦争を生き続けることになる」は、

2004年に取材した帰還兵の一人が

私に言った言葉です。

ずっと頭から離れない、

インパクトのある言葉でした🎙

2017年11月18日 土曜日

🐴ググッと群馬だぶらツツミ🐴

IMG_7441

ググッと群馬の高崎へ🚅!!

若手農業者交流大会にて👨‍🌾👩‍🌾

20代〜40代の

若手農業者さんたち200名に

基調講演!🎤

IMG_7462

組合長さん&JA幹部の皆様と🌽

IMG_7463

青年部の皆さまと🌾

IMG_7465

ぐんまちゃんと🐴

IMG_7464

スリーショット🐴👩⛄️

0001310615-001d

高崎名物ハム+ソーセージセットを頂きました💖

群馬の青年農業者さんたち、

JAの方々、

本当にありがとうございました🙌

MG_3507

 

2017年11月12日 日曜日

🚁ドローン&由利牛🐮ぶらツツミ

JA秋田しんせいからお声がけいただき

秋田県の由利しんじょうへ!✈️

IMG_7177

IMG_7416控え室で畠山組合長と🌺

securedownload-3 組合長&専務と🌷

IMG_7248 この日は140年続いている

                 「秋田県種苗交換会」も!🌾

期間中は全国から80万人が来場ですと!😱

IMG_7255 巨大ですトラクター!😱

IMG_7252 太陽を浴びて大迫力の農機🚜

IMG_7249 農業もドローンの時代🚁

IMG_7259 由利新庄市名物「秋田由利牛🐮」

甘くて柔らかくてめちゃくちゃ美味しかったです😍!

IMG_7280

2日間お世話になった佐々木さん👦

本当にありがとうございました!😆

 

2017年11月12日 日曜日

🍆JA東京ぶらツツミ🌽Belated,🍅

 

平成29年度 

「JA改革トップマネジメントセミナー」

@JA中央会にて

 基調講演をしました🎤

IMG_7412

「強欲資本主義 VS 協同組合」

IMG_6989控え室で会長と😃

IMG_7413

JA東京中央会役員400名が熱心に聴講してくれました🌻

fullsizeoutput_206

fullsizeoutput_208

最後に会長からサプライズで素敵な花束が💐!

 

IMG_6987

Special Thanks to 長野 さま❤️

本当にありがとうございました!😆

 

 

2017年11月12日 日曜日

🎉「核大国ニッポン」(小学館)再び重版決定!!🎊

 

 

おかげさまで

「核大国ニッポン」(小学館新書)

またまた重版決定です!🎉🎉🎉

 

http://bp.shogakukan.co.jp/mado/1709/talk1.html→小学館サイト「自著を語るコーナー」!🎤

https://www.amazon.co.jp/核大国ニッポン-小学館新書-堤-未果/dp/4098253127→試し読み👀!

レビュー📚↓↓

「ジョージ・オーウェルの小説『一九八四年』に「メモリー・ホール」という言葉が出てくる。
為政者にとって、都合の悪い事実をその中に放り込むことで「なかったことにする」穴だ。

過去を支配するものは未来を支配し、現在を支配するものは過去を支配する――

福島原発事故は「核兵器」と「原発」が危険な「双子」であることを
世界中に知らしめた。そんな現在、日本は「非核国」といえるのか。
著者はこれをばっさりと「幻想」だと切り捨てる。
日本には大量のプルトニウムがあるのだ。

様々な人へのインタビューが、この本の幅を広げている。

そもそも核兵器がここまで世界中に拡散していたら、「外交カード」にしかならない。
もっとも……絶対に核のボタンを押さない為政者だけとも限らない。
歴史は、人間がつくるのである。

日本がいま、取るべき態度についても言及している。
静かな怒りを感じる好著である」(アマゾンレビューより)

東日本大震災の原発事故の1年前に書き下ろしたこの著書は、

その後

 

文庫版を経て

 

2017年に新書版として新たに加筆・修正したものです😃

 

読者の皆様、

小学館担当者始め関係者の方々、

本当にありがとうございます!🌸核大国ニッポン