カテゴリー別アーカイブ: 出版情報

2017年11月12日 日曜日

🎉「核大国ニッポン」(小学館)再び重版決定!!🎊

 

 

おかげさまで

「核大国ニッポン」(小学館新書)

またまた重版決定です!🎉🎉🎉

 

http://bp.shogakukan.co.jp/mado/1709/talk1.html→小学館サイト「自著を語るコーナー」!🎤

https://www.amazon.co.jp/核大国ニッポン-小学館新書-堤-未果/dp/4098253127→試し読み👀!

レビュー📚↓↓

「ジョージ・オーウェルの小説『一九八四年』に「メモリー・ホール」という言葉が出てくる。
為政者にとって、都合の悪い事実をその中に放り込むことで「なかったことにする」穴だ。

過去を支配するものは未来を支配し、現在を支配するものは過去を支配する――

福島原発事故は「核兵器」と「原発」が危険な「双子」であることを
世界中に知らしめた。そんな現在、日本は「非核国」といえるのか。
著者はこれをばっさりと「幻想」だと切り捨てる。
日本には大量のプルトニウムがあるのだ。

様々な人へのインタビューが、この本の幅を広げている。

そもそも核兵器がここまで世界中に拡散していたら、「外交カード」にしかならない。
もっとも……絶対に核のボタンを押さない為政者だけとも限らない。
歴史は、人間がつくるのである。

日本がいま、取るべき態度についても言及している。
静かな怒りを感じる好著である」(アマゾンレビューより)

東日本大震災の原発事故の1年前に書き下ろしたこの著書は、

その後

 

文庫版を経て

 

2017年に新書版として新たに加筆・修正したものです😃

 

読者の皆様、

小学館担当者始め関係者の方々、

本当にありがとうございます!🌸核大国ニッポン

 

 

2017年7月25日 火曜日

9月15日「小学館カルチャーライブ!」出演!

 

main1

bnr_300-80_a

8月1日発売予定の 「核大国ニッポン」を記念して、

9月15日「小学館カルチャーライブ!」出演!

「世界唯一の被爆国」として長年「非核」を訴えながら、「核兵器禁止条約」の採択には参加せず、甚大な原発事故を経験しながらも原発輸出を推し進める日本。

諸外国から見ると矛盾だらけのこの国の実像と、核をめぐる日本の運命を左右する2018年のXデーとは?国際ジャーナリスト・堤未果さんが、さまざまな角度から警鐘を鳴らします。

お申し込みはこちらから(^^)

2017年7月3日 月曜日

新刊サイン会だ❗️@京都 「ぶらツツミ」♪

7月3日

京都へ🚄

いつもお世話になっている
京都駅八条口のふたば書房さんにご挨拶。
新刊出ました❣️のご挨拶✨

IMG_4896

新刊です😊そうなんです❗️

「 アメリカから<自由>が消える 増補版」
発刊記念のミニトーク&サイン会がありました。

サイン会2

スライド1

京都は大垣書店イオンモールKYOTO店に
本当に多くのお客様がお集まりくださって、
とても感激です❣️

IMG_4909

 

若い女性読者たちと一緒に💓

こんな素敵な記念写真も

本当にありがとうございました❤️

2017年6月19日 月曜日

6/30ついにキタ!新刊「アメリカから<自由>が消える 増補版」

お待たせ致しました!

扶桑社より 「アメリカから<自由>が消える 増補版」

6/30 ついに発売!!

特別情報満載の 「袋とじ」に加え、

なんと!

既刊に筆を入れ、全面改定!!

渾身の堤未果を感じて下さい!

そして、

サイン会第一弾 in 京都です!

先着100名 限定!

お申し込みはお早めに!!

 

開催店舗……………大垣書店イオンモールKYOTO

        京都市南区八条通西洞院下ル 電話075-692-3331

イベント名…………『アメリカから〈自由〉が消える 増補版』出版記念ミニトーク&サイン会

開始日時……………73日(月)1900〜

会場…………………イオンモールKYOTO Kotoホール(Sakura4階)

参加方法……………対象本を「大垣書店イオンモールKYOTO店」にて

        御買い上げの御客様に先着で参加整理券を配布

応募人数……………100

電話での予約………「大垣書店イオンモールKYOTO店」での電話予約OK(電話075-692-3331)。

         当日は開催時間までに対象本を御購入頂き、その際に参加整理券を御渡し

 

スライド1

 

2017年3月31日 金曜日

『101人が選ぶ「とっておきの言葉」 (14歳の世渡り術) 』

101人が選ぶ「とっておきの言葉」 (14歳の世渡り術)

あなたへの 「とっておきの言葉」 
ぜひご一読を!

堤は第3章
「自由に生きる」
の章に登場します🕊

「小説家、俳優、タレント、スポーツ選手、芸人、企業家、学者、アーティスト……さまざまな分野で活躍する101人が選ぶ「とっておきの言葉」。
どうしてその言葉を選んだのか、その理由の中にそれぞれの方の思いや歩んできた道をかいま見ることもできます。」
(河出書房新社 書籍ページから)

河出書房新社 書籍案内ページ

IMG_4070